日本の会社で働いた場合の税金の納め方・確定申告について。

Watch Watch
日本の会社で働いた場合の税金の納め方・確定申告について。
ドイツに住んでいるが、日本の中小企業で月87000円を稼いでいる場合(ここから厚生年金・健康保険が引かれる)
税金の納め方・確定申告はどのようにすればよいのでしょうか。
給与は日本口座に入り、会社側で私の住所は日本の住所(実家)となっています。
カテゴリー
生活
投稿者
岡崎
記事ID:228438 募集を再開する 編集・更新
全てのコメント
この記事は新規コメントの受付を終了しています。
No.8 guest 2022/06/17 14:18
ネットによる自分の知見です。日本とドイツは二重に支払いを行わないように租税協定を結んでいます。よって日本で払っている場合ではそれに対し二重に支払う事はありません。ただし課税対象でなくても、確定申告にはその事を記入する欄があるらしく、よって確定申告はする事になるらしいです。
確定申告の書類を広げてご自分で確認してみるか、税務署、税理士に相談するのが良いかと思います。
No.7 岡崎 2022/06/16 03:46
日本の会社が税理士に確認したところ、住所も口座も保険もすべて日本のもので、私自身がドイツから働いていても日本から働いてもそれは変わりないとのことで、特にドイツで何か申告する必要はないと言われました。ドイツの税理士にも確認すべきでしょうか。
No.6 guest 2022/06/13 15:09
エリアとしては税理士でしょう、弁護士ではなく。
1. ドイツで税理士を探す
2. 日本の会社に伝えて、会社の顧問税理士や会計士に相談してもらう
のいずれかで対応するのが良いかと思います。2は会社から断られる可能性がありますが。お金を払って確認した方がいいと思います、単なる収入だけではなく厚生年金や保険も関係していそうなので。日独間での協定があり、会社は給与から控除しているが免除になる可能性もあるなどあるので。ここで聞くのではなく、専門家に尋ねるべきかと思います。役所の役人はそこまで知らないことがおおいので。
No.5 guest 2022/06/13 04:50
税理士さんもお仕事なので無料相談をやっている方は少ないと思います。 更に日本語可能となるとなかなか難しいかも。
費用をかけずに回答を得たいのであれば、税務署に確認するのが良いと思います。言葉の壁があればドイツ語、日本語可能なお友達に付き添いをお願いするとか。
No.4 岡崎 2022/06/12 18:29
日本語でメール無料相談できるドイツの弁護士さんを探すべきですか?
No.3 guest 2022/06/12 15:25
日本とドイツの税務に詳しいドイツの税理士に確認した方がいいと思います。今書かれている内容以外でのチェック項目もありそうです。
No.2 岡崎 2022/06/11 11:06
はい。日本の会社はドイツ在住を知っています。その上で、そのまま雇用が続いています。
No.1 guest 2022/06/11 04:15
日本の会社にドイツ在住の旨伝えていますか?海外から日本の会社の社員として働くと問題になる可能性があるので、一度確認した方が良いです。ドイツに支社がないと、働けなかったかと思います。支社が無いので自営業社員として働いている、又は間にそういった人を支援する会社をおいて働いているいう話を聞いた事があります。
関連する記事
デュッセルドルフ掲示板の項目一覧デュッセルドルフで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
不動産・物件
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン・習い事
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
動画
SNSで新着記事を配信中です
デュッセルドルフ掲示板の公式Facebookです
デュッセルドルフ掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!