イタリア人との離婚

Watch Watch
イタリア人と結婚して1年少しですが、離婚することになり、最近Separazioneを裁判所でしました。裁判所では、「配偶者が日本人で、日本の法律ではすぐに離婚できるので、イタリアでも3年待たなくても弁護士を使って、すぐに離婚できます」と言われ、すぐに離婚できるように弁護士を探しています。
 結婚中はかなり喧嘩しましたが、Separazioneが決まってからお互い友好的になってきたので、このまま平和に離婚できると思っていたのですが、今日になっていきなり、「もう夫婦でないので、僕のいう事を聞かなければ、合法的に家を追い出すことができる」とか「君が外国人で日本に帰る航空券がなくても、僕のせいじゃないし、君を家に置いておく義務はない」とか怖いことを言い始め、これまでそんな攻撃的なことを言われた経験はなくて、緊張しています。もう彼のことが信じられなくなってしまいました。
 イタリア人同士ならば、別れてもすぐに実家に帰ったりできると思いますが、イタリアでは離婚に時間がかかりますし、実家が国内にあるわけでもないから、そんなすぐに日本に帰れるわけではないですが、実際 Separazioneが済むと、イタリアで身寄りのない外国人の配偶者でも好きに家を追い出していいものなのでしょうか?その行為は合法なんでしょうか?
カテゴリー
イタリア人との離婚
投稿者
日本人妻
記事ID:2042 募集を再開する 編集・更新
全てのコメント
この記事は新規コメントの受付を終了しています。
No.6 日本人妻 2014/06/08 20:37
AS様
コメントありがとうございました。

 Separazioneは離婚のファーストステップなので、裁判所でSeparazioneが承認されると夫婦間の扶養義務はなくなります。つまり、Separazioneは実質、日本でいう離婚です。
 ただ、子供がいる場合は大抵母親が主な親権を得るので、家が夫の所有でも母子で引き続き同じ家に住み続けられるように、法的に配慮されるようです。あとは結婚したときに財産を共有にした場合や、経済状況、Separazioneの時に取り決めた約束の内容によって、家の所有権や慰謝料の発生なども変わりますね。
 今度何かされたり言われたら、Denunciaすることになると思います。
日本人は離婚時にSeparazioneの3年間を待たなくていいことになったので助かります。

 アドバイスありがとうございました。
No.5 AS 2014/06/07 23:57
大変ですね、私は結婚をしたことが無いのですが、今、家族のように付き合っている隣のイタリア人の家でも娘が離婚をしようとしているのでよく話を聞きます。脅迫めいたことを言われた場合はすぐに警察に言って訴えたほうが良いらしいですよ、いわゆるDENUNCIA ですね。そうして書面に残さないと後でその様な不快にさせられたことが全て無かったことになってしまいますよ。取り合えず早いうちに弁護士を見つけることが最重要だと思います。離婚のスペシャリストの弁護士がいるので見つけるといいでしょう。弁護士を選ぶのも費用がかかるのことなのでご自身で調べるといと思います。もしどうしても見つからなかったら隣のご家族に紹介してもらいますが。。。
それからイタリアには配偶者を理由も無く家を追い出すなどということはありえない と思います。
がんばって。。。。。
No.4 日本人妻 2014/04/08 18:12
質問者です、続きです。

 また、家庭内暴力など女性に対する暴力の相談は1522に電話すると相談にのってくれ、助けになりそうなNPOなどの連絡先を教えてくれます。
 英語対応のオペレーター希望ならば平日朝6時から9時の間に電話してください。オペレーターにすぐつながらなくても、コールの最後に「オペレーターが現在対応できないので、電話番号を留守電にいれてください」と言われるので、自分の電話番号と用件をいれておけば、後から掛けなおして来てくれます。
 暴力などに困っている女性がいれば、教えてあげてください。
No.3 日本人妻 2014/04/08 18:05
質問者の日本人妻です。

 l'Associazione Pronto Donnaなど、家庭内暴力などを解決するNPOによると、「一般的にSeparazioneは事実上の離婚のようなもので、夫婦間の扶養義務はなくなり、家が2人で購入したものなら、2人で分け、結婚以前に夫がもともと持っていた家ならばSeparazione後は妻を引き続き住まわせておく義務はない」そうです。
 弁護士さんによると、Separazioneの書類に条件を書いて、裁判所で認められれば、上記の一般論には限らないそうです。また、SeparazioneとDivorzoの条件はそれぞれに設定を変える事ができるそうです。
 ミラノ日本大使館によると、夫が結婚以前から所有している家ならば、妻を引き続き住まわせる義務はないが、夫の収入が多ければ扶養を要求することも可能ではある、ということでした。

 イタリアと日本では、法律がかなり違いますので、みなさん私のように「気づいたら事実上離婚していた」なんてことにならないように気をつけてください。
No.2 日本人妻 2014/04/04 15:30
guestさんへ
 私も離婚が終わるまでは夫婦だと思っていました。(元?)旦那が友人のツテで弁護士を探して今見積もりなどを制作しているようなので、実際契約することになったらすぐに弁護士に聞くつもりです。費用は元?旦那が払うと言っていますが、それだとやっぱり旦那ひいきの離婚方法になってしまうのでしょうか?
 日本人用の掲示板には「弁護士を雇う余裕のない場合は、裁判所に無料の弁護士を頼むことができる」という情報が書いてありました。専業主婦なので、そういう情報もありがたいです。
 弁護士の情報なども、ご存知の場合は、教えていただけるとありがたいです。
コメントありがとうございます。
No.1 guest 2014/04/04 10:41
Separazioneって ”まだ夫婦” ではないのでしょうか?
いずれにしろ、詳しい弁護士の方に相談するのが良いと思いますが、今後、(元?)旦那さんが、同様の発言をする際には、録音とかされた方が良いと思いますよ。証拠として残しておくことによって、弁護士さんに相談する際にも話が早くなると思います。
ミラノ掲示板の項目一覧ミラノで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
部屋あります
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
SNSで新着記事を配信中です
ミラノ掲示板の公式Facebookです
ミラノ掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!