フィレンツェミラノナポリローマトリノヴェネツィア

学生から配偶者滞在許可証に更新した方

結婚 滞在許可証更新 学生から配偶者

Watch Watch
学生の滞在許可証からイタリア人と結婚し配偶者の滞在許可証に更新した方、
更新の際はどの書類が必要でしたか?

多くの方が観光で入り配偶者の滞在許可証を得ている情報はありますが、
学生から配偶者への切り替えの情報が少なく何方か最近このような手続きをした方がいれば、
若しくは以前に行った方、情報提供頂きたいです。

どうぞよろしくお願いします。
カテゴリー
ビザ
投稿者
カールバナナ
記事ID:187433 募集を再開する 編集・更新
全てのコメント
この記事は新規コメントの受付を終了しています。
No.13 カールバナナ 2021/04/08 15:23
再びのお意見、ありがとうございます。
No.12 guest 2021/04/08 07:26
No.9です。私はMilanoのCentroに住んでいて、4つのQusturaにお世話になりましたが、全て対応は酷いです。特に本庁であるTuratiのQuesturaなんか話になりません。他の都市のQusturaは、よほど暇だから対応してくれるのでしょう。領事館も、対応する人によるのでしょうが、私が尋ねた際は、最寄りのQuesturaに問い合わせして下さいと言われました。因みに私のイタリア語レベルはC2ですので、言い訳とかそういうレベルの話ではないです。
No.11 guest 2021/04/08 05:23
No.8です。私はQuesturaに用事があるときはまず電話で尋ねています。3度住所を変わったため3つのQuesturaを利用しましたが、都度電話で尋ねてまったく問題はありません。働いている人は一人ではないので、不十分だと感じたら再度電話してまた情報をもらえばよいのです。また、領事館でも丁寧に教えてもらえましたし、公式サイトのどこに関連情報があるのかを教えてもらえました。

イタリアもどんどん変化していますよ。30年前は確かに問題が多かったですが、最近は銀行や郵便局、医療関係、薬局関係などもオンラインで済むことが非常に多いです。Questuraが電話で対応してくれないというのは、よほどひどい地域にお住いか、そう口にすることで自分のイタリア語レベルや対応能力に言い訳をしているようにも感じられます。

情報を集めるに越したことがないというお気持ちはわかるのですが、ことイタリアに関しては人からもらう情報で余計な手間や時間がかかることが非常に多いので自分では避けています。
No.10 カールバナナ 2021/04/07 19:13
お意見と助言ありがとうございます。No.8 guestさんの言う通り、questuraに聞くことが正論ですね。もちろんquesturaにも聞く予定です。
No.9 guestさんの言うように通常でもquesturaは中々対応はすんなりとはいかない、尚且つ今はコロナ。questuraに聞く前に自分でも情報を集めておきたいという気持ちと、情報を集めるに越したことはないとここに質問してみました。
No.9 guest 2021/04/07 18:31
管轄のQuesturaに聞くのが一番というのは、正論ですが、それが大変だから情報を集めているのではないでしょうか?領事館に確認したところで、管轄のQuesturaに聞いて下さいと言われるのがオチですし、Questuraに電話で聞くなんて論外だと思います。直接来いと言われるのが目に見えていますし、電話で対応なんてされた日には、本当に奇跡です。Questuraでもどのくらい待たされるかわかりませんし、このコロナ禍でQuesturaも、かなり麻痺しています。余分に書類を用意するくらいの方がいいと思いますけどね。
No.8 guest 2021/04/07 18:18
管轄のQuesturaに聞くのが一番ですよ。変更も多いですし、ほか地域で聞いて書類をそろえても余分だったり足りなかったりすることがあります。まず領事館で確認→管轄Questuraでたずねる、のが一番合理的だと思います。また、Questuraに電話で聞くときはその人の名前を聞き、尋ねた日時とともに控えておくと後々問題になったときに便利です。(イタリアで生活するにはこの癖をつけておくと泣き寝入りせず済むことが多いです)
No.7 カールバナナ 2021/04/07 02:51
そうでしたか。それなら少し安心しましたが、書類準備怠らないようにして更新します。
ありがとうございます!
No.6 guest 2021/04/06 22:45
Questuraの呼び出しの際、学生の更新の時よりも、書類が揃っていれば、特に色々聞かれることもなく、スムーズに手続きできた気がします。
上手くいくといいですね♪
No.5 カールバナナ 2021/04/06 19:55
なるほど、分かりました。
guestさん、ご丁寧に教えて誠に頂きありがとうございます。
大変助かりました。
No.4 guest 2021/04/06 18:55
はい、その通りです。
一緒住んでいる証明はDichiarazione di Ospitalitàになり、QuesturaでTimbroを押してもらう必要があります。その際に、Contratto di locazione(casa)も必要です。
その為、Residenzaも、Comuneで変える必要があります。
No.3 カールバナナ 2021/04/06 16:08
guestさん、お返事ありがとうございます!とても参考になります。
基本的には旦那となる彼の書類を集める必要性があるのですね。

一緒住んでいる証明とはDichiarazione di Ospitalitàですかね?
結婚に向けて最近引っ越しをして一緒に住み始めたのですが、一応私は前に住んでいた時の家のResidenzaはあるのですが、guestさんはDichiarazione di Ospitalitàを申請すつためにquesturaに行にいかれましたか?
No.2 guest 2021/04/06 07:00
(追加)
一緒住んでいる証明と、相手の方がLavoratoreでしたら、いくら年収があるかの証明も必要になります。
No.1 guest 2021/04/06 06:55
KITと結婚証明書(certificato di matrimonio)、Residenza, Contratto di casa、お互いの身分証のコピーを用意したと思います。
関連する記事
イタリア掲示板の項目一覧イタリアで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
不動産・物件
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン・習い事
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
動画
SNSで新着記事を配信中です
イタリア掲示板の公式Facebookです
イタリア掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!