募集は終了しました

ぐりとぐらの1ねんかん

絵本

Watch Watch
新品

Beysterveldにて手渡し

以下アマゾンより抜粋

ぐりとぐらが、どんな1年をすごしているのか知っていますか? 冬はみんなでそりあそび、春にはいろんな花の種をまき、夏にはまっ赤なトマトを収穫します。そして秋になると……。 ページをめくるごとに、ぐりとぐらが季節の移ろいをしっかりと感じとって、1年を生き生きと過ごしているのがよくわかります。 心地よいリズミカルな文と、美しい絵でつづる楽しい絵本です。 〈こどものとも〉500号記念出版

読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から

商品説明

カステラが大好きな“のねずみ”のぐりとぐらを描いたシリーズの1冊。保母をしていた作者が「とにかく子どもたちを喜ばせたい」と考えて1964年に誕生したぐりとぐらは、世代を超えて愛されているキャラクターである。この絵本自体は1997年に出版された27×30cm の大型絵本だが、お母さんの世代が慣れ親しんだあのリズミカルな文章と楽しいイラストは、長い時間を経てもその印象を変えることはない。

1月。雪のなかを歩くぐりとぐら。「あけまして おめでとう あたらしいとし おめでとう」。2月。「しっかり つかまれ ぎゅっと くっつけ」と、そりに乗ったぐりとぐら。3月は、「はるのしごとは あれこれたくさん 毛糸まきまき よていをたてて かんがえよう」。そして4月…。

ぐりとぐらの楽しい1年が、見開き2ページにひと月づつ描かれていく。移ろいゆく季節はこんなにも美しく楽しいものであったかと、子どもだけでなく大人も再認識することができる1冊である。(小山由絵)
内容(「MARC」データベースより)

子どもたちの人気者「ぐりとぐら」の新しい絵本。雪の森の中で元気いっぱい遊んだり、学校ごっこでお勉強したり、夏休みにはキャンプへ行ったり…。ぐりとぐらとその仲間たちの楽しい一年間を教えます。
カテゴリー
本・教材・マンガ
タイプ
ムービングセール
価格
10ユーロ
受け渡し方法
手渡しのみ
譲渡期間
2016年5月4日 〜 2016年5月4日まで
投稿者
Hanna
募集は終了しました
記事ID:31273 募集を再開する 編集・更新
全てのコメント
現在コメントは受付けていません。
アムステルダム掲示板の項目一覧アムステルダムで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
部屋あります
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
SNSで新着記事を配信中です
アムステルダム掲示板の公式Facebookです
アムステルダム掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!