• ピナツボ火山ツアーのシェア

    ピナツボ火山ツアーのシェア

    回答数:10
    初めてのマニラ旅行を予定しています。 6月19日か20日でマニラから送迎付きのピナツボ火山のツアーに参加したいのですが、 人数によって価格が違うので、どなたかシェアして行ければと考えています。 こちらは父と娘の親子です。 または、安く行ける方法を知りませんか? 泊まるホテルは、ニューワールド ホテル マカティです。
  • フィリピンでのレンタルワイファイサービス

    フィリピンでのレンタルワイファイサービス

    回答数:5
    年末に一時日本へ帰国することになりその際にポケットワイファイをレンタルしようと考えています。 そのようなサービスを行っている現地企業をご存知ありませんでしょうか?
  • 現地旅行会社ディスカバリーツアーの件

    現地旅行会社ディスカバリーツアーの件

    回答数:4
    あまりにもフィリピン現地旅行会社の対応がひどいものだったのでご報告させていただきます。 パラワンのシークレットパラダイスリゾートへ年末年始行ってきました。 現地旅行会社はディスカバリーツアーを利用しました。 帰りの1月2日の帰りのマニラへのフライトが台風でキャンセルになり、急遽現地旅行依頼していた代理店ディスカバリーツアーに連絡しました。ところが緊急連絡先の携帯電話会社の電話番号いずれにも全く繋がりませんでした。やむなくセブパシおよび日本へのフィリピン航空のフライト変更1月2日のパラワンのホテルの手配を自力で行いました。 この会社とようやく連絡がついたのは翌日の1月3日セぷパシのマニラ...
  • ロシア サッカーワールドカップの視聴について

    ロシア サッカーワールドカップの視聴について

    回答数:0
    あと1週間でロシアワールドカップが始まりますが、マニラで日本戦を中継する日本食レストラン、またはスポーツbarをご存知な方いらっしゃいますか?
  • この場所がどこか知りたいです

    この場所がどこか知りたいです

    回答数:1
    このホテルの名前、 もしくは場所を知っている方はいますか? マニラから高速でおよそ3時間の所にありました。
  • パラニャーヶに、住まわれてる日本人の方々に、具体的な宣...

    パラニャーヶに、住まわれてる日本人の方々に、具体的な宣...

    回答数:1
    パラニャーヶに、住まわれてる日本人の方々に、具体的な宣伝をしたいのですが、何がいい方法でしょうか?
  • おすすめの送迎付きホテル受付終了

    おすすめの送迎付きホテル

    回答数:1
    マニラ在住の皆様、はじめまして。(^^) 5月9日ー14日までマニラに旅行に行くものです。 飛行機が深夜に着くので、ホテルまで タクシーかなにかでいかないといけないのですが、 できれば送迎付きのホテルがあったらな~と 考えているのですが、どこか手頃ですが、安全な 送迎付きホテルを知っている方、教えていただけませんでしょうか? フィリピンは初めてで、土地勘はまるでありません。 宜しくお願い致します。m(__)m
  • ダイビングのライセンスとろうと思うのですが、セブ島なら...

    ダイビングのライセンスとろうと思うのですが、セブ島なら...

    回答数:1
    ダイビングのライセンスとろうと思うのですが、セブ島ならどこでとるのがよいですか? 2日でオープンダイバーとれるところと3日でとれるところありますが、どちらがよいでしょうか?
  • マニラ市内からタガイタイまでのタクシー

    マニラ市内からタガイタイまでのタクシー

    回答数:6
    来年始め、タガイタイへ行きます。予定より1日早くマニラに着くので、空港からクーポンタクシーでホテルへ行き、翌日、半日だけ市内を観光する予定です。やはり、まだ、フィリピンの事情が全くわからないので、ネモトさんのガイドを雇い、ジープニーやLRTなどの乗り方を教えてもらいながら、少し観光する予定です。問題は、そこからです。市内のどこかからタガイタイまでのタクシーをどのようにして選べばよいかわかりません。Grabを利用できればいいのですが、表記が英語で、しかも、イザというときのために、フィリピン国内で通じる携帯を持つ必要があると思うのですが、その予定はありません。また、ネモトさんの送迎は、非常に...
  • ManilaからAngelsの移動手段で普通の金額で解...

    ManilaからAngelsの移動手段で普通の金額で解...

    回答数:1
    セブ/マニラ/マニラ アンヘレス 観光・レジャー
    ManilaからAngelsの移動手段で普通の金額で解りやすいものは何でしょうか?
  • マクタン島からソルパ島受付終了

    マクタン島からソルパ島

    回答数:2
    マクタン島へ3泊4日の旅行予定です。幼児がいるので基本はホテルで過ごすつもりですが、調べたらソルパ島が近く綺麗との事で気になっています。短い時間ソルパ島のみ楽しんで、マクタンに戻りたいのですが、そのような簡単なツアーは可能でしょうか?調べても2島のアイランドホッピングは見つかるのですが。ご存じの方いらっしゃいましたらお願いします。
  • フィリピンにはスノークリングで何度も行ってますのである...

    フィリピンにはスノークリングで何度も行ってますのである...

    回答数:0
    フィリピンにはスノークリングで何度も行ってますのである程度の知識はあると思います。
探している観光・レジャーに関する情報は見つかりましたか?
もし見つからなかった場合は、情報の募集を投稿して、詳しい人に回答を求めましょう!
ご利用は全て無料。会員登録も不要。すぐに投稿できます。
フィリピンの就職事情

フィリピンの概要

フィリピン共和国は東南アジアに位置する島国。首都はマニラ。人口は約1億人で、使用されている言語は現地語であるタガログ語と英語です。

時差は日本の−1時間。過去にスペインの植民地だった影響もあり宗教はキリスト教のカトリックが8割以上。フィリピンの平均年齢は若く24歳です。

フィリピン就職事情・人材市場の動向

フィリピンの失業率は2017年度のデータでは5.7%。しかし20%以上がフルタイムの定職の仕事を持たないと言われており政府の公式発表と実態はかけ離れています。

経済成長しているイメージとは逆に就職率は決して高い方ではありません。フィリピンの就職事情は日本より厳しくコネクションがなければ学歴があっても良い条件で就職するのは難しいようです。

そのためフィリピン国内の就職が難しく海外で就職する人もいます。

フィリピン企業の福利厚生・待遇

フィリピン企業の福利厚生には通勤手当・資格手当があります。HMO型保険と呼ばれる民間の医療保険に法人として加入もできます。

SSSと呼ばれるフィリピンの社会保障制度もあり傷病、出産、失業、後遺症が残る障害等が起きた際に保証が受けられます。

従業員の負担額は総所得の3.63%です。雇用主も会社負担として7.37%を負担するため月給の11%を負担します。

外国人もHMO型保険・SSS に加入するためフィリピンの医療保険・社会保障制度を受けることができます。

フィリピン企業の給料相場・給与事情

フィリピン企業の給与形態

フィリピンの平均年収は約48万円。平均月給も日本円にすると4万円程度です。日本に比べるとフィリピンはまだまだ発展途上国。給料水準は決して高いとは言えません。

現地採用だと日本円で約10万円から30万円程度。フィリピンのボーナスは13ヶ月目の給料と言われており1年で1ヶ月分の給与が余分に受け取れる形です。

駐在員は本国の給与水準に海外赴任の手当がつきます。日系企業ですと月給で20万円から50万円まで幅があります。詳しい統計は国家統計局国際労働機関で得ることができます。

フィリピン企業の給与相場

駐在員だと、エンジニアなら月給50万円〜と高い水準のもポジションもあります。会計コンサルタントなら年俸で350万円から1200万円のポジションもあります。

現地採用だと、営業スタッフなら月給18万円程度から、翻訳なら月給16万円程度からITエンジニアも月給17〜18万円程度もらえます。

フィリピンの日本人向け求人・仕事・職種・業種

フィリピンには日本人向けの求人があります。

例えばBPOと呼ばれるアウトソーシング関連の仕事。コールセンターやソフトウェア開発などリモートでできる仕事の求人があります。

オンライン英会話スクールもフィリピンを拠点にしている会社が多いです。またホテルや旅行代理店などの観光業の仕事で日本人の募集が出ています。

また商社のフィリピン支店の営業やマネージャーのポジション、各種企業のマーケティングなどのホワイトカラー向けの求人がある一方で工場の製造管理のような仕事もあります。

現地採用を目指す方法・給料・注意点

駐在員を目指すには日本の企業でフィリピン支社があるところに就職し異動する方法が一般的です。

また現地の人材紹介会社(エージェント)や日本の就職サイトからフィリピン企業に応募する方法もあります。

給料・待遇

海外駐在員(Expat)の待遇は現地採用よりも給料・福利厚生の面で恵まれています。

フィリピンの物価は日本より安く高層マンションでプール・ジム付きで運転手や秘書のサポートもある待遇が期待できるポジションもあります。その代わり駐在員待遇で就職するためには英語力・職歴で現地採用よりも高いハードルを求められます。

フィリピンには日系企業の海外支店も多く観光業・ホテル・製造・建設・流通など幅広い業態の企業があります。そして営業職、事務職、翻訳などの職種の駐在員待遇のポストがあります。

注意点

駐在員だとフィリピンで永続的に働けるわけではありません。現地採用と異なり異動でフィリピン以外で働くことになるのが一般的です。

フィリピンで長く生活することが目的なら現地採用であれば他の国に異動せずに済むことが多いです。

また駐在員はマネージャーなど責任のあるポジションが多く未経験からの就職は簡単ではありません。

就労ビザの取得条件・申請方法

外国人雇用許可書(AEP)

フィリピンで就労する場合、ビザ以外に外国人雇用許可書(AEP)が必要になります。

AEPは労働雇用省(DOLE)に発行を申請します。入国管理局で就労ビザ(労働ビザ)を取得する際に必要な書類の1つでもあります。

申請期間は約2週間です。その後、新聞と労働雇用省のウェブサイトに申請した雇用主、外国人雇用許可対象者の氏名と職種が掲出されます。

30日の掲載期間中に問題がなければ、外国人雇用許可が期間の満了から24時間以内に発行されます。

一般就労ビザ

フィリピンで就労する場合、一般就労ビザ(労働ビザ・「通称9(g)ビザ」の申請が必要です。観光ビザでも滞在は可能ですが、あくまで観光するための滞在許可が得られるだけで就労はできません。

ビザは現地の大使館で申請します。その後面接を経て入国管理局の外国人登録部に申請用紙と必要書類を提出し手数料を支払います。

一般就労ビザ申請書や雇用主の納税証明書、雇用契約書、パスポートのコピーなど就労ビザ取得には書類が複数必要です。そして写真撮影や指紋採取をすませます。1週間から3週間で取得できます。

また外国人登録証のACR―Iカードも受け取れます。

経済特区ビザ(PEZA・CEZA)

一般就労ビザ以外にもフィリピンで働けるビザがあります。

PEZAはフィリピン経済区庁。フィリピン各地に位置する公営、および民営の輸出加工区に投資する企業に対し各種優遇措置を発行しています。

そのPEZAの優遇措置で外国人の就労許可のビザを発行できます。PEZA内の就労ビザは法務省が審査します。

申請書、チェックリスト等必要書類を用意、提出します。そして発行手続き手数料の支払いやPEZA内の就労ビザは責任者から法務省長官あての保証紹介状の取得。申請書類一式をPEZAの外国人登録課に提出します。

法務省の審査を経てPEZAの就労ビザを取得できます。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜30歳)が異なった文化の中で休暇を楽しみながら滞在資金を稼ぐ一定の就労をすることを認める制度。しかしフィリピンにはワーホリ制度はありません。

フィリピンは2ヶ国間留学の一ヶ国目にお勧め

フィリピンは英語留学が非常に盛んです。リゾート地のセブ島には語学学校が多数あります。

最近は「フィリピン留学後のオーストラリア留学またはアメリカ留学」といった形で1ヶ国で留学を完結させず、2ヶ国でステップアップ形式で学ぶ留学が話題です。

これを2ヶ国留学と呼ばれています。フィリピンは安価で英語力を身に付けるのに非常にお勧めの国です。

働く上で必要な英語力(語学力)・職歴・資格

英語力(語学力)

フィリピンの公用語は現地語のタガログ語と英語。英語が公用語ですのでフィリピン人は英語が得意な人が多いです。

求められる英語力はポジションにもよりますがTOEICでは700点前後はあると良いでしょう。

エントリーレベルでは500点台でも仕事はありますが最終的にはフィリピンでは英語力を高める努力が必要です。

試験対策だけではなく英語でコミュケーションをすることが苦にならない程度に英語に慣れることもフィリピンで暮らすには大切です。

学歴

フィリピンは実は学歴社会。学歴がある方が就職でも有利に働きます。

フィリピンは全体的に就職難なのでレジ係やデパートの売り場担当でも学歴が求められます。

学歴だけで決まるわけではありませんが大卒以上あれば、ほぼ学歴によって応募できないということはありません。

職歴

職歴があればフィリピンの企業で就職する際に有利になります。例えばフィリピンの資源関係の仕事に就く場合、前職が同じ業界の仕事の方が採用の可能性は高まります。

3〜5年程度の勤務実績があれば十分です。職歴があるなら積極的にPRしましょう。

資格

フィリピンでは特定の資格があると就職に有利ということはありません。

しかし英語力を求められるケースが多いためTOEICで700点以上のスコアがあることが望ましいです。

また介護や看護などの専門職ならば、その関連の資格がある方が就職に繋がりやすくなります。

日本語のみの仕事はあるか

フィリピンは英語が公用語の国。英語が得意でなければ仕事はないと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし英語不要、語学不問の求人もあります。

例えばフィリピンにやってくる日本人観光客向けの仕事。その他にも、接客、日本食レストラン、さらには日本語のコールセンターなどのカスタマーサービスもあります。

フィリピンは日本人観光客やロングステイヤーが訪れる国の1つ。日本人相手の仕事や日本語を使ったサービス業があります。

フィリピンで最初に英語が不要な仕事をはじめ、現地の語学学校で英語力を高め英語が必要な仕事に転職もできます。

英語が苦手でもフィリピンで就職したい、または語学留学をしながら日本語を使って働きたいという人にお勧めの方法です。

新卒・未経験のフィリピン就職

フィリピンで新卒・未経験での就職は不可能ではありません。

例えば日本人の留学サポート、コールセンター、外食などの日本人向けのサービス業は新卒・未経験・高卒でも就職しやすいです。

フィリピンには日本人向けのサービス業が多くあります。一方、新卒でB2Bの営業やフィリピンのオフィスワーの仕事ですと最低限の語学力やスキルが必要になります。

TOEICの点数も700点以上あると内定に有利です。

日本とフィリピンの企業・働き方の違い

フィリピンの企業文化・ビジネススタイル

フィリピンの企業文化の特徴は女性の地位が高いことです。女性の社会進出が盛んな国の1つ。女性の管理職の比率も高く5割に迫るほどです。

アジアの中でも女性が働きやすい企業文化であることがフィリピンの特徴です。またフィリピンはアジア圏でビジネススタイルは人と人との繋がりが大切です。

面子を重んじる国でもあるので人前で同僚や部下を非難しないコミュニケーション上の配慮も必要です。

雇用形態

フィリピンの雇用形態では6ヶ月の試用期間があり、その後で正規雇用にするか契約社員にするかを決めるのが一般的です。

そのため6ヶ月の試用期間が終了したら一度、解雇して再び再雇用するという習慣があります。これを短期雇用慣行と言います。

この雇用形態ですと、6ヶ月ごとに仕事が次にあるかどうかを心配しなければならない人も多くモチベーションの低下に繋がっています。

休暇・労働時間

フィリピンの労働時間は1日8時間、1週間5日です。60分の食事休憩があります。休日は週1以上。年次有給休暇は1年以上勤務すれば原則5日以上もらえることになっています。

日本とは制度上では大きな違いはありませんが、実態として日本ほど残業をする習慣はありません。

フィリピンの労働環境は立場によっても変わりますが、残業をせずプライベートを大切にするワークスタイルです。 その代わり交通インフラが整っていないこともあり通勤に時間がかかる人もいます。

フィリピンの都市・エリアごとの比較

マニラ

マニラは東南アジアを代表する都市の1つです。求人の種類も豊富で商社や不動産、メーカー、ITなど様々な企業があります。

サービス業の求人も豊富。現地採用から駐在員まで多種多様な求人が集まっています。求人の絶対数も多いためフィリピンで就職するなら、まずはマニラの求人を探してみましょう。

セブ島

セブ島はフィリピンを代表するダイビングスポットでもあるリゾート地。観光業が盛んです。そのため観光業関連の求人が豊富。ホテルや旅行代理店を探すならセブ島がお勧めです。

語学留学先としてもセブは人気で語学学校の職員の求人もあります。またコールセンターやIT系の求人もあります。

ダバオ

ダバオはフィリピン第3の都市。現在、急速に拡大している勢いのある都市です。

大きな経済都市でマニラと同じく幅広い企業と職種の募集があります。最近ではIT関連の求人が増えています。

フィリピンで働くメリット

語学力が身につく

フィリピンは英語が公用語の1つ。そのため英語力を身につける環境としてお勧めです。

アメリカやオーストラリアよりも物価も安くコストを抑えて生活ができることも魅力です。

フィリピンは語学学校も多く英語を勉強しながら現地で就職先を探すこともできます。フィリピンで培った英語力はフィリピン以外でも役に立ちます。

国際感覚が身につく

フィリピンは外国ですので日本とは違う言語・文化・生活があります。日本では当たり前のことがフィリピンでは当たり前ではありません。

例えばフィリピンは女性の社会進出が盛んで女性の管理職が半数以上。日本よりも女性が活躍できる社会です。また宗教もキリスト教のカトリック。言葉も英語、食事もフィリピンの食事。様々なものが変わります。

日本以外の国で就労・生活をすることを通して国際的な感覚が身につきます。

責任あるポジションに就きやすい

フィリピンは現地採用でも駐在員でも日本よりも責任のあるポジションに就きやすい傾向があります。

現地採用なら現地スタッフをまとめるポジション、駐在員もマネージャーレベルでの募集が多く日本よりも責任あるポジションに就くことでキャリアを築くことができます。

フィリピンで働くデメリット

日本語だけだと選択肢が少ない

英語ができないと選択肢が少ないというデメリットがあります。

フィリピンで日本語のみ、語学力不問の求人を探そうとすると日本人向けのサービス業、例えば外食関係や観光業、カスタマーサービスなどが中心になります。

そのため英語ができない場合、職種がかなり制限されてしまうのがデメリットです。そのため選択肢を増やすために英語を勉強することをお勧めします。

日本よりも給料が低い

日本よりもフィリピンの給料水準は低めです。そのため現地の給料・物価を基準にする現地採用だと雇用も日本より安定していませんし稼げないことも多いです。

フィリピンで日本並みの給料と福利厚生を求めるなら駐在員での採用を目指しましょう。

仕事の見つけ方

日本から仕事を探す

日本から仕事を探すときは求人サイト・転職エージェントへの登録が一般的です。日本からでもフィリピンの求人案件は多数見つかります。まずは登録してみましょう。

求人サイトでしたらフィリピンの興味のある求人を見つけたら日本語・英語の履歴書を用意して応募してみましょう。書類選考と数回の面接を経て内定が出れば採用されます。

人材エージェントなら、あなたの学歴・職歴・スキルと希望職種からあなたにマッチする可能性のある求人案件を紹介してもらえます。

フィリピンで仕事を探す方法

現地で仕事を探す場合は現地の人材紹介会社に登録するのが一般的です。また留学生の多い地域なら留学中にインターンを通じて仕事を探すことも可能です。

口コミや紹介で仕事が見つかる場合もあるので、仕事を探していることを周囲にアピールすると声がかかる可能性もあります。

フィリピン現地でも日本の求人サイトや人材エージェントに登録することもできるので併用してみると良いでしょう。

選考の流れ

フィリピンの選考の流れは日本とあまり変わりません。書類選考を経て複数回の面接を経て内定が出ます。英文のレジュメなどを追加して用意しておく必要があります。

日本在住の場合はスカイプなどのビデオ面接に対応してくれる企業もあります。ただしフィリピンの面接は英語で行われることも多いため、事前に英語面接の対策をしておくといざという時に役に立ちます。

内定がでたら企業から必要書類の提出を求められます。就労ビザを取得する場合必要書類は多岐にわたるので、早めに提出する書類を確認しておきましょう。

フィリピン在住で日本の大学の学歴証明書などを手元に用意するには想像以上に時間がかかります。注意しましょう。

英文レジュメ、面接のコツ

英文レジュメのコツ

文レジュメは日本の履歴書よりも自由な形式で書くことができます。自己PRを積極的に盛り込むことも可能です。

未経験の職種に応募する場合でも、希望職種に関連する経験や資格をアピールすることで内定の可能性が高まることがあります。

日本語の履歴書には書ききれない内容を英文レジュメに書いてアピールするのも一つの方法です。

また英文レジュメの英文そのもので英語力を見られるケースもあります。英文レジュメを提出する前に転職エージェントなどのレジュメの添削サービスを利用するのも手です。

面接のコツ

面接ではフィリピンで働きたい理由を根拠をもって説明できるようにしましょう。

海外就職に憧れて現地採用に応募する求職者が多い昨今ですが、フィリピンでの理想と現実の差に戸惑って早期退職してしまう事例もあります。

そのためフィリピンで働く根拠をしっかり説明できるようにしておきましょう。また英語力を面接で見られるケースもあるため英語での面接対策も事前にしておくと面接本番で戸惑わずに済みます。

フィリピン企業で求められる人材像

英語力のある人材

フィリピンは英語が公用語の1つです。私生活でも仕事でも英語を活用する場面が多いです。日本語が中心の仕事でも英語でコミュニケーションできる力があると有利です。

また英語力があまりなくてもフィリピンで英語を身につけようとする姿勢を見せる方が心象が良くなります。

フィリピンに溶け込める人材

フィリピンに溶け込める適応力のある人材が求められます。フィリピンの生活が合わないため仕事が長く続かない人もいます。

そのためフィリピンの食生活や習慣などにストレスなく溶け込める必要があります。

コミュニケーション能力の高い人材

コミュニケーション能力の高い人材が求められます。

単なる語学力だけでなくフィリピン人スタッフや顧客との関わり合いを上手にできる人材だと判断されると内定に近づきます。

例えばフィリピン人スタッフを人前で注意するなど、面子を傷つけるようなことをするとトラブルになりがちです。

フィリピン人の価値観や文化を尊重しながらも責任感を持って仕事ができる人材であることをアピールしましょう。

「質問・雑談」に新規投稿するには?

フィリピン掲示板は、フィリピンに関することであれば、何でも、どなたでも、無料で投稿できます。

フィリピンでの生活で不安に感じること、疑問に思ったことをご投稿頂けます。日本人に対してお勧めしたいフィリピンのレジャー、レストラン情報などご存知であれば、ぜひフィリピン掲示板で共有させて下さい。

同じフィリピンに滞在している日本人同士で、政治・時事ネタについての討論の場としてご活用頂くことも可能です。

フィリピン掲示板は「これからフィリピンに行く人」も利用しています。フィリピンに滞在している日本人はもちろん、渡航前の日本人に対してのアドバイス、情報共有の場としてもご利用下さい。

「質問・雑談」は、サービスなどの宣伝目的の投稿は対象外になります。サービスやレッスンの紹介は「サービス」「レッスン」の専用広告ページをご用意しておりますので、そちらでご投稿をお願いします。

「質問・雑談」を投稿(無料)
フィリピン掲示板の項目一覧フィリピンで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
不動産・物件
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン・習い事
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
動画
SNSで新着記事を配信中です
フィリピン掲示板の公式Facebookです
フィリピン掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!