募集は終了しました

異文化マネジメントにお困りの管理職の皆さん必見!!

マネジメント 人材育成 異文化 経営者 管理者 落とし穴

Watch Watch
異文化マネジメントと人材育成について共に考える 「人材育成フォーラム」

タイで活躍する日経企業の経営者及び管理者の皆様へ
異文化マネジメントと人材育成について共に考える
『人材育成フォーラム』
~JAPANESE MANAGEMENT & THAI ABILITY~
【プログラム】
1.基調講演「日本企業のマネジメントの特性と落とし穴」
株式会社バリューイノベーション 代表取締役会長 三上登
2.パネルディスカッション「日系企業の取り組みと問題意識」

■パネリスト(予定企業/順不同)
・ARRK CORPORATION (THAILAND) LTD.
DIRECTOR OF CORPORATION DIVISION 中山 英輔様

・KOKUYO INTERNATIONAL (THAILAND)CO., LTD.
MANAGING DIRECTOR 喜多羅 和宏様

・MITSUI SUMITOMO INSURANCE CO., LTD THAILAND BRANCH
CHIEF EXECUTIVE OFFICER  高樋 毅様

・JTEKT (THAILAND) CO., LTD
VICE PRESIDENT 細井 誠様

■コーディネーター
株式会社バリューイノベーション 代表取締役会長 三上 登
ホームページ:http://www.value-i.jp/

【日時】 2015年7月9日(木) 15:30開場 / 16:00開始
【会場】 Grand Millennium Sukhumvit Bangkok
30 SUKHUMVIT 21 (ASOKE) ROAD KLONGTOEY NUA, WATTANA BANGKOK TEL 02-204-4000
【参加費】お一人様3,000バーツ(VAT込)※パーティー代を含みます
【お申込み】 FAXまたはメールでお申し込み下さい/ FAX: 0-2260-8360-1
お申し込みメールアドレス:seminar@personnelconsultant.co.th

メールアドレス:
【コーディネータプロフィール】
三上 登 1950年11月16日生
略歴 1974年カリフォルニア州立大学ロスアンゼルス校心理学科卒
   1976年カリフォルニア州立大学ロスアンゼルス校大学院産業心理学科卒業
   1978年ペッパーダイン大学大学院組織開発学科卒業
   1978年~米国、カナダ、東南アジア諸国の企業コンサルティングに携わる
   1983年~学校法人産業能率大学にて国内のコンサルティングに携わる
   1991年~株式会社ソシオテック研究所 代表取締役社長
   2011年~株式会社バリューイノベーション 代表取締役会長
活動実績(敬称略)
トヨタ自動車株式会社、株式会社デンソー、パナソニック株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、
大日本印刷株式会社、キリンホールディングス株式会社、大成建設株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、
新日鐵住金株式会社、東京電力株式会社、東京ガス株式会社、全国農業協同組合連合 他

1978年~79年 マサチューセッツ工科大学(MIT):リサーチフェロー
2000年~   国際大学(IUJ)         :客員教授(国際経営学科)
2001年~   ロンドン大学(LSE) :ゲストスピーカー(スクールオブエコノミー)
カテゴリー
勉強会, ワークショップ
開催日
2015年7月9日
時間
15時半開場/16時開始/18時謝恩会
参加費
3000バーツ(謝恩パーティ代含みます)
開催場所
Grand Millennium Sukhumvit Bangkok 30 SUKHUMVIT 21 (ASOKE) ROAD KLONGTOEY NUA, WATTANA BANGKOK

Google mapが自動で生成しています。そのため表示が正しくない場合もあります

投稿者
KOTSU KOTSU OHNISHI
募集は終了しました
記事ID:16306 募集を再開する 編集・更新
全てのコメント
この記事は新規コメントの受付を終了しています。
バンコク掲示板の項目一覧バンコクで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
部屋あります
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
電子マンガ
SNSで新着記事を配信中です
バンコク掲示板の公式Facebookです
バンコク掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!