フェニックス(アリゾナ州)アーバイン(カリフォルニア州)ロサンゼルス(カリフォルニア州)サンディエゴ(カリフォルニア州)サンフランシスコ(カリフォルニア州)サンノゼ(カリフォルニア州)ワシントン(ワシントンD.C.)アトランタ(ジョージア州)ホノルル(ハワイ州)シカゴ(イリノイ州)ボストン(マサチューセッツ州)デトロイト(ミシガン州)ノバイ(ミシガン州)ラスベガス(ネバダ州)ニューヨーク(ニューヨーク州)コロンバス(オハイオ州)ポートランド(オレゴン州)フィラデルフィア(ペンシルベニア州)ダラス(テキサス州)ヒューストン(テキサス州)シアトル(ワシントン州)

オンラインセミナー「米国で病気になった時に役立つ医療システムの事」

日本語 乳がん 卵巣がん 医療システム 子宮がん 患者サポート

Watch Watch
オンラインセミナー「米国で病気になった時に役立つ医療システムの事」に関する画像です。
乳がん、卵巣がん、子宮がん患者さんを日本語でサポートする団体、SHARE日本語プログラムでは、ニューヨーク日系人会主催の第14回秋のヘルス・フェアにて、オンラインセミナー「米国で病気になった時に役立つ医療システムの事」を開催いたします。

アメリカで生活をしている私たちが重い病気と診断されたらどうしますか?医師や病院を探すことだけでなく、言葉、保険、仕事、子育てとの両立、帰国すべきか否かなど、たくさんの課題と直面します。

本セミナーでは米国で生活する中で、医師や病院のお世話になる時に知っておくべきことについて、SHARE日本語プログラム代表で、自身も乳がんサバイバーであるブロディー愛子とピアサポーターが、詳しくお話しいたします。日米の医療/保険制度の違いなど、現在病気と闘う患者さんと家族の方だけではなく、勤務先である企業の方にも是非知って欲しい内容です。福利厚生の一環にSHAREが加わったら、社員はどんなに心強いでしょうか。総務・人事担当の方も是非参加ください。

【日時】 9月23日(水)14:00~15:30(EST)/11:00~12:30(PST)
【会場】Zoom ミーティングルーム
【参加費】無料
【講師】ブロディー愛子(SHARE日本語プログラム代表)
SHARE日本語プログラム運営委員(ピアサポーター)
【参加方法】
参加ご希望の方は下記のウェブサイトよりお申し込みください。
https://sharejp.org/schedule/2020/9/23

*定員(100名)になり次第締め切らせていただきます
カテゴリー
医療、健康
開催日
2020年9月23日
時間
2時
参加費
無料
開催場所
New York
投稿者
SHARE日本語プログラム
メール
ウェブサイト
https://sharejp.org/
記事ID:168311 募集を締め切る 編集・更新
全てのコメント
現在コメントは受付けていません。
関連する記事
アメリカ掲示板の項目一覧アメリカで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
不動産・物件
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン・習い事
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
動画
SNSで新着記事を配信中です
アメリカ掲示板の公式Facebookです
アメリカ掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!