フェニックス(アリゾナ州)アーバイン(カリフォルニア州)ロサンゼルス(カリフォルニア州)サンディエゴ(カリフォルニア州)サンフランシスコ(カリフォルニア州)サンノゼ(カリフォルニア州)ワシントン(ワシントンD.C.)アトランタ(ジョージア州)ホノルル(ハワイ州)シカゴ(イリノイ州)ボストン(マサチューセッツ州)デトロイト(ミシガン州)ノバイ(ミシガン州)ラスベガス(ネバダ州)ニューヨーク(ニューヨーク州)コロンバス(オハイオ州)ポートランド(オレゴン州)フィラデルフィア(ペンシルベニア州)ダラス(テキサス州)ヒューストン(テキサス州)シアトル(ワシントン州)

会議で英語が話せない。その理由をお伝えします

ビジネス英語

Watch Watch
会議で英語が話せない。その理由をお伝えしますに関する画像です。
・ビジネス英語をどう勉強したらいいか分からない
・即座に反応できず、会話のテンポに付いていけない
・ビジネスシーンで正しい表現なのか自信がない

こんな悩みを持っている方はいませんか?



実は読み書きできるのに英語が話せないのは、”チャンク” を意識していないからです。(チャンクとは2~8語程度から成る意味のカタマリのことを言います)

例えば「I need you to go over this article.」の文は、

I need you to ~
go over
this article

の3つのチャンクからできています。

ネイティブや英語上級者は、このチャンクを連ねて文を組み立てるのでスムーズに話すことができます。

一方、リスニングもチャンク単位で聞いている=次に来る内容を予想できるために、理解度が高いのです。

このチャンクの仕組みを理解せず、意識しないで学習していても、ビジネス英語は一向に上達しません。



この理由が分かれば、誰もがビジネス英語を話すようになります。

パタプライングリッシュ for Business は、このチャンクを効率的に学習し、英語脳を作る最適なスピーキング特価のビジネス英語デジタル教材です。

https://patapura.com/?ad=1&bbs=1


========================================
★こんな人にお勧め★
========================================

スコアを取る為の勉強は分かる。
でも、ビジネスで使える英語の勉強は、やり方がさっぱり分からない。

「TOEICスコアが高くても話せない人」が多いのは、この「詰まってしまう人」のやり方で勉強をしているためです。

ビジネスシーンで使える英語に必要なのは勉強ではありません。

フレーズの暗記ではなく、状況に応じてチャンクを組み替えていく、「ネイティブの話し方」を鍛えるトレーニングが必要なのです。

充分な基礎があり「勉強のやり方」を既に知っている方なら、パタプライングリッシュで順調に話せるようになります。


========================================
★ネイティブの話し方で鍛える方法★
========================================

ネイティブの話し方で鍛えるのに、最適な方法がパターンプラクティスです。

パターンプラクティスは、チャンク(=英文の一部)を入れ替えたり、時制を変えたり、二つの文を組合わせたり、疑問文⇔肯定文と変えながら練習する方法です。

フレーズの丸暗記と異なり、使える文章のバリエーションが圧倒的に増えるので、応用に強いのが特徴です。

パターンプラクティスを利用したスピーキング教材「パタプラ」なら、遠回りをせずに「実践的な英語」を身に付けることができます。


ぜひビジネス英語に悩んでいる方はパタプライングリッシュ公式サイトにて詳細をご確認ください。
https://patapura.com/?ad=1&bbs=1
カテゴリー
語学
投稿者
パタプライングリッシュ for Business
メール
ウェブサイト
https://patapura.com/?ad=1&bbs=1
記事ID:170414 募集を締め切る 編集・更新
全てのコメント
現在コメントは受付けていません。
関連する記事
アメリカ掲示板の項目一覧アメリカで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
不動産・物件
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン・習い事
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
動画
SNSで新着記事を配信中です
アメリカ掲示板の公式Facebookです
アメリカ掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!