• 生徒募集
  • レッスン探してます
  • 子ども好きな方、家庭教師受付終了

    子ども好きな方、家庭教師

    8月7日
    来日準備中の家庭にて、就学前の子どもに基本的な日本語会話を教えていただける方を探しています。 場所: 北京市海淀区 時間: 1回1時間、週2回程度。 (詳細は応相談) 期間: 9月末または10月初め〜 (2ヶ月間程度) 条件:日本語ネイティブで、責任感を持ってご対応頂ける方。子ども好きの方、歓迎です。 応募の際は、下の問い合わせボタンからお願いします。
探している生徒は見つかりましたか?
もし見つからなかった場合は、レッスン情報を投稿して生徒を募集しましょう!
ご利用は全て無料。会員登録も不要。すぐに投稿できます。
北京の就職事情

北京には、アジアの拠点として統括機能を置く企業が多く存在しています。

そのため、秘書・事務職の他に法務や総務などの専門職が活かせる機会も多くあります。

業界としては、製造業や商社が長年に渡り拠点を置くほか、近年では広告、IT、メーカー、金融、医療品関連が進出しています。

北京の人材市場の動向

現在の求人動向としては、広告や医療系が増加傾向にあります。

北京で就職する人は、中国企業の拠点で就業する可能性が高いため責任のある立場に就くことができる可能性も大いにあります。

北京企業の福利厚生・待遇

北京企業での福利厚生は、日本企業と同じ様に交通費や通信費を支給している企業が多く、更に約半数の企業が食事手当を支給しています。

社員旅行や懇親会を実施している企業も多く見られます。

日本企業にあまり見られない違う特徴としては中秋節の月餅や交通カード等の現物支給が慣習として根付いています。

近年のライフスタイルの変化に合わせ、新たな取り組みをする企業も増えていますので、求職の際にはぜひ確認してみてください。

北京企業の給料相場・給与事情

北京企業の給与形態

北京日報の2018年5月の発表では、北京での平均年収は10万元を越え、10万1559元となりました。

これを月に平均すると8476元で、昨年よりも上昇している事が分かります。

北京で働く場合の給与相場

北京で働く場合、現地採用と駐在員で収入はかなり変わってきます。

現地採用の場合給与相場は10,000〜15,000元(16〜24万円)で、駐在員の場合には20,000元〜(32万円〜)といわれています。

さらに駐在員の場合には海外赴任手当や税金を企業が負担する等の場合があり、実質の手取りはアップする傾向です。

ダブルペイとは?

日本ではあまり馴染みのない「ダブルペイ」という制度ですが、中国、香港ではこの制度を採用している企業があります。

ダブルペイとは賞与のことで、基本的には旧正月前の年末の月(12月もしくは1月)に給与に加えて1ヶ月分の金額が支給される制度です。

北京の日本人向け求人・仕事・職種・業種

北京で人気・有望な職種

中国では、公務員への就職が根強い人気があります。

さらに、最近の北京の若者の間では販売職や、人事、ITなどが人気です。

日本人にチャンスの多い職種や業種

日本人が北京で就職先を探す際に、一番の強みとなるのはやはり資格や技術等の特殊技能を持っていることです。

専門的なスキルや知識を持っていれば、中国語ができなくても採用が決まる場合があります。

その他には、日本人顧客向への営業窓口など、日本人にしかできないサービスを提供する職業などがあります。

現地採用を目指す方法・給料・注意点

ここでは、北京で日本人が採用される場合の求人の例をご紹介します。

製造業関係、物流関係の求人が多い傾向にあり、最近ではITや保険、貿易、コンサル、サービス等の求人も増えています。

そして求人の部署としては営業職が最も多く、次いでエンジニア職になります。

北京で日本人が現地採用される求人の例

実際にある求人の例としては下記になります。

  • 建設企業のエンジニア
  • 企業再建のコンサルタント
  • 物件営業

その他経理や秘書などの求人も見られます。

北京で現地採用を目指すには

日本人が採用を目指す場合には、以下の方法があります。

日本人向けの求人 / 転職サイトを利用

大手の求人サイトもありますので、相場や状況を知る為にも利用しましょう。

派遣会社に登録

日本と違って派遣社員というような雇用形態はないため、派遣会社に登録し、正社員としての仕事を紹介していただく形になります。

担当の方と相談して求人を紹介していただけるので、いくつか登録してみると良いです。

その他

ある程度中国語ができる方は、中国語のサイトを利用する方法や中国人の知り合いに紹介してもらうなどの方法もあります。

北京で現地採用された場合の給与例

北京で現地採用される日本人の給与は10,000元〜15,000元程度です。一部管理職等は20,000元を越えることもありますが、かなりレアな求人です。

北京で現地採用される場合の注意点

日本と同様、福利厚生は企業によって大きく分かれますのでここは確認が必要です。

特に北京は家賃がかなりの負担になりますので、家賃補助のある企業を選ぶと良いでしょう。

海外駐在員を目指す方法・給料・注意点

現地採用と比較して、駐在員について詳しく紹介します。

北京で日本人駐在員の求人の例

実際にある北京の日本人駐在員の例としては下記があります。

  • IT企業の営業
  • 金融機関の経理、事務
  • 日系幼稚園の教諭

その他日本語教師や日系企業の秘書なども見られます。

北京で駐在員を目指す方法

北京での駐在員を目指す最もカンタンで早い方法は、既に北京への駐在員を募集している企業に応募することです。

大手の転職サイトなどを常にチェックしておきましょう。

また、駐在員を募集していなくても、北京に子会社がある企業を選ぶ事で可能性は格段に高まります。

この場合には、中国語の勉強をするなど社内で選ばれるようにアピールをすることも重要です。

その他には、会社から突然の駐在を言い渡される例もあります。

駐在員の給与例

企業によってかなりばらつきがあります。

20,000元〜の給与に加えて日本企業からの給与や出張手当などが付き、かなり好待遇となる場合もあります。

駐在員になる場合の注意点

日本から北京に駐在員となる場合、就業条件で不安になることは少ないでしょう。

中国からはアクセスされないインターネットサイトや利用できないSNSなどもありますので、金銭面の環境も含め渡航前に整えてから向かう事が必要です。

北京での女性の仕事事情

日本人女性は語学能力が高く、責任感を持ってきっちり働くという点で評価が高いです。

女性限定での求人も見られます。

日本人女性にチャンスが多い仕事

北京に渡る日本人女性にチャンスが多い、人気の仕事としては以下のようなものがあります。

  • 日本語教師
  • 秘書
  • カスタマーサービス

日本人女性の生活事情

給与は平均と変わらず、現地採用の場合10,000元〜15,000元程度です。

しかし、日本よりも物価が安いために北京での暮らしを充実させている女性もいます。

北京の就労ビザの取得条件・申請方法

就労ビザとは

ビザとは、入国許可証のことです。

観光やビジネスなど目的に合わせて様々な種類があり、就労する場合に取得必要なのが、就労ビザです。

中国の就労ビザの種類

就労ビザにもいくつか種類はありますが、中国で有給を伴う就労をする場合は「Zビザ」の取得が必要です。

Zビザとは

2017年4月、中国で新しい就労ビザ制度が実施され、Zビザの取得者がポイントによって、A・B・Cの3段階にランク分けされることになりました。

経歴や年収、年齢等の項目がそれぞれポイントになっており、合計ポイント次第で就労条件が変わるというものです。

かなり細かい分かれ方になっておりますので、気になる方は現時点でのご自身のポイントを調べみると良いでしょう。

就労ビザ取得条件と申請方法

簡単に就労ビザ取得までの流れをご紹介します。

中国での就労ビザは、現地企業からの内定が出てからの取得申請する流れです。

「外国人工作許可通知」の申請

内定が決定したら、内定先の企業が中国政府に『外国人工作許可通知』の申請をします。

これが日本で就労ビザを申請する際に就労許可が出ていることを証明する資料です。

Zビザを申請

「外国人工作許可通知」が入手できたら、日本にある「ビザ申請センター」でZビザの申請をします。

就労許可証「外国人工作許可証」を申請する

Zビザ入手後は、中国国内での申請になります。

取得後は3ヶ月以内に中国国内への渡航が必要で、渡航後15日以内に、雇用企業が「外国人工作許可証」の申請をする必要があります。

居留許可「工作類居留証件」を申請する

最後は、中国で居住するための許可証を申請します。

これは本人が中国に渡航後30日以内に申請する必要があります。申請する場所は地方の公安の出入国管理部門です。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー制度とは

ワーキング・ホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。

現状、日本と中国の間にはこちらの制度がないため、ワーキングホリデー制度を利用して北京に滞在することはできません。

ただ、ワーキングホリデー型留学といったサービスを提供している企業もあります。

この場合、まず語学を学んでから企業へインターンシップをする形になっており、北京での就業体験には良い機会です。

北京でどういったスキルを身につけたいのか、目的を明確にした上で手段を選んでいくとよいでしょう。

働く上で必要な英語力(語学力)・職歴・資格

北京で働く上で必要な能力についてご紹介します。

英語力・中国語力

もちろん日本語のみでの求人もあります。

しかし、北京で働く上ではやはりある程度のコミュニケーションがとれる中国語のスキルを求められる場合が多いです。

また、アジアの拠点を北京に置いている企業においては英語のスキルも求められます。

北京で暮らすことを考えても、特に中国語はに学ぶに越した事はありません。

学歴

企業募集では職歴が重視されるので日本での学歴を見られることはあまりありません。

しかし2017年4月から新たに導入された就労ビザのポイント制度では、学歴も審査項目の一つとなっています。高ければ有利になるでしょう。

職歴

北京で就職する際には、そもそも2年以上の就業経験が必要です。

募集職種の中で最も多いのは営業職での募集ですので、営業の経験がある人は有利になります。

日系企業の売上を左右し、企業の顔となるポジションにはやはり日本人を採用したい企業がまだまだ多いのです。

資格

北京での就職が有利になる資格としては、以下のようなものが挙げられます。

会計・簿記

日系企業での現地採用が決まる確率が高くなります。

Web、IT系

インターネットの技術職はかなり需要の高い職種です。

英語・中国語が喋れない日本人でも仕事はあるか

実際にある、中国語、英語不要な仕事例をご紹介します。

技術職や資格などの特殊技能を持っている場合には、語学力を問われない採用も見られます。

Web、IT系

アプリ開発等。Web系の技術職は、語学力がなくても採用される場合があります。

日系企業向けのコンサルティング

技術アドバイザーなどの職種には、語学力不問の求人があります。

日本語講師

日本語を学びたい中国人に向けて日本語を教える仕事。講師未経験でも採用される場合があります。

新卒の北京就職

結論から言うと、新卒でそのまま北京就職することはできません。

原則として外国人が中国での就労をする場合には2年以上の就労経験が求められるためです。

また、2017年4月から導入されたポイント制度によりビザ取得が更に厳しくなっています。

そのため、北京での就職を目指す場合には留学や北京企業へのインターンシップなどで経験を積んでおくことが重要です。

日本と北京の企業・働き方の違い

日本と北京の企業やワークスタイルにはどのような違いがあるのか、以下の項目から紹介します。

雇用形態

中国企業では、1〜数年の有期契約で始まり契約更新をしていくのが一般的です。

日本のように始めから無期限で雇用契約をする企業はまずありません。多くの企業で試用期間も設けられています。

税金

個人で暮らす場合には大きく「所得税」と「消費税」の2種類の税金を支払うことになります。

休暇

サービス業を除き、一般的な企業であれば土日休みに加えて、中国政府がが定めた法定休暇があります。

これらは元旦なども含めて全部で7つあり、合計で23日程度の休暇になります。

また、2年目以降は勤続年数に合わせた有給も付与されます。

労働時間

中国人は家族を大切にするため、基本的には残業はしないと言われてきました。

しかし、現在は特に北京など都市部のIT企業では残業が慣例化しており、問題視もされています。

実際にどの程度働いているのか、事前に確認する必要があります。

北京の物価・生活費

北京の物価は、年々上昇傾向しています。

ここでは、それぞれのカテゴリーに分けて物価の相場をご紹介します。

生活費

北京での光熱費は、日本に比べると安いです。

相場としては、電気、ガス、水道合わせて2,000円程度。

その他インターネット等の通信費と携帯使用料がそれぞれ1,500円程です。

交通費

交通費は日本に比べるとかなり安いです。

  • 地下鉄は約50円〜
  • バスは約30円〜
  • タクシーの初乗りは210円程度

家賃

北京での生活で、大部分を占めるのが家賃です。

平均でも8万〜9万円程度と、平均給与と比較してもかなり高額なのが分かります。

また1年毎に家賃が上昇していくのも中国では一般的なことですので、年々家賃は上がっていきます。

郊外の物件を探せば安い物件もありますが、家賃補助がない企業に就職した場合、最初はルームシェア等する必要がでてくるかもしれません。

食費

外食する場合、もちろん一食500円以内のローカルなお店もありますが、レストランでは1人2,000円程度します。

カフェでのコーヒーも1杯500円程度するなど、日本とあまり変わらない価格になります。

どこで食事をするかでかなり変わってきますので、自炊やローカルのお店を利用する必要がでてきます。

北京の税金事情

北京で就職をして暮らす場合、個人で支払う税金は主に「所得税」と「消費税」の2種類です。

所得税

中国に年間183日以上居住した場合の、中国国内での収入に対して課されます。

税率は収入によって異なります。

なお2018年の8月に個人所得税の改正案が採決され、2019年1月1日より変更となるので注意してください。

消費税

中国にも消費税はありますが日本と違って特定の贅沢品、タバコやお酒、化粧品やアクセサリーなどに課される仕組みとなっています。

北京で働くメリット

北京で働く上での魅力的な点をご紹介します。

責任ある仕事に就く可能性が上がる

北京に拠点を置いている日系企業も多いため、他の都市と比べてもチャンスが多いと言えます。

また企業内に日本人が少ないことも、早く責任あるポジションに就くことができる理由の一つです。

チャンスが多い

日本では採用が少なくても、中国では幅広く採用している業種もあります。

中国でキャリアを詰んでから日本に戻り再就職するという手段もあるのです。

キャリアアップ / 条件アップしやすい

中国では日本よりも転職のハードルが低く、転職を繰り返しながらキャリアアップをしていきます。

優秀な人材にはヘッドハンティングなどもありますので、成長して行く周囲の同僚に刺激を受けながら成長していくことができます。

将来性がある

未だに中国市場は成長し続けています。

これからの日本にとっても、中国経済はかなり重要であるので、中国で働いた実績やスキルは帰国後にも有利に働きます。

仕事の見つけ方

日本から北京の仕事を探す場合

日本から北京の仕事を探す場合、やはりインターネットに頼ることになります。

中にはスカイプでの面接等も対応してくれる企業もあります。

北京で仕事を探す場合

北京で実際に仕事を探す場合には、求人サイトに加えて派遣会社に登録するという方法があります。

担当の方が面談してから求人を紹介してくれるので、いくつか登録しておくと良いです。

また、中国では日本よりも知人からの紹介で就職する事例も多いので、知り合いがいる場合には聞いてみるのも一つの有効な手段です。

選考の流れ

北京での選考も日本と流れはほぼ同様です。

まずはサイトや紹介等で企業に履歴書や職務経歴書を送付し、選考に進む場合のみ面接の連絡がきます。

その後面接に進み、内定まで1回もしくは2回の面接が行われます。

電話やSkypeでの面接を実施している企業も多くありますので、日本にいる間も積極的に応募しましょう。

また、これも日本の転職と同様に日本人専門の転職エージェントも存在しています。

条件に合った求人を紹介してもらったり、条件の交渉をしてもらったりするなど、必要に応じて利用するのも良いでしょう。

英文レジュメ、面接のコツ

英文レジュメのコツ・注意点

北京企業に就職する場合、レジュメは要求された場合以外には手書きではなく、パソコンで作成しましょう。

パソコンのスキルも見られているため、A41枚にスキル、経歴等を収めます。

応募企業がどのようなスキル、経歴を求めているかに合わせ、簡潔にまとめることが重要です。

そのため、同じ履歴書を使いまわすのではなく、企業に合わせてアップデートすることも必要です。

面接・自己アピールのコツ

北京でも、日本の面接と聞かれることはあまり変わりません。

応募先の企業の業務内容については徹底的に調べ、「自分に何ができるか」をしっかり整理してアピールすることが大切です。

中国語を使用する求人に応募する場合には、中国語のスキルをチェックするためにネイティブの社員との面接を設定されることもあります。

そのため、想定問答集を作成して望みましょう。

北京企業で求められる人材像

即戦力となる人材

まず最も重宝されるのは特殊技能や経験を持ち、即戦力となる人材です。

この場合には中国語ができなくても就職がすぐ決まる場合もあります。

中国人と日本人の間に立ってコミュニケーションできる人材

日本人の仕事の進め方を理解し、中国人とのギャップを解消して円滑に仕事を進めることのできるコミュニケーション能力のある人です。

日本人の管理職と現地のスタッフとの仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルのある人はまだまだ重宝される傾向にあります。

日本人らしい繊細なおもてなしができる人材

現地の日本人向けのサービスを展開している企業には、日本人らしい繊細なおもてなしのスキルが活きることもあります。

おすすめの転職エージェント

転職する際に利用するエージェント、たくさんあって悩んでしまいます。いくつかお勧めをご紹介します。

リクルートエージェント

国内では実績No.1との大手エージェント。海外求人も多数取り扱っているので、海外転職を考えた際にまずは登録をしておくと良いです。

doda

国内2番目の転職エージェント。日本求人と海外求人でセクションが分かれているため、海外案件も豊富にあることが特徴です。

インテリジェンス中国

これまで3,000社以上の企業への人材支援の実績がある大手企業。日本国内各地、そして中国国内にも複数拠点があることも特徴です。

パソナ中国

1997年にスタートした中国で最も歴史のある日系人材紹介会社です。海外にも拠点があることが特徴で、海外転職の相場や幅広いノウハウを持っています。

以上がおすすめのエージェントです。

中国転職の中でも北京に限定した場合にはやはり求人数は減ってしまいます。

ですが、いくつかのエージェントに登録することで幅広く情報を集めることも重要です。

北京就職の成功事例

北京就職の成功事例としては、元々北京とやり取りのあった会社での駐在という形から、帰国のタイミングで転職を選んだというケースがあります。

専門的な知識や経験があることと、日常会話レベルでも中国語ができる場合にはかなり有利です。

駐在でなくても専門職等、日本での経験を活かして即戦力として期待される場合には成功率は上がります。

北京就職の失敗事例

給与が足りずに生活できない

まず上げられるのが、給料が想定よりも低かった、という事例です。

家賃が高騰してきている北京での生活は、一定以上の収入が必要です。相場等を調べてシミュレーションしましょう。

中学企業の文化が合わない

どうしても中国企業の文化や慣習に慣れることができないという場合もあるようです。

最終的には日本に帰国するという選択肢も想定して計画することも重要です。

人気ブログ

北京での転職においてお勧めのブログを紹介します。

でこぼこ北京ブログ

北京に暮らしている方が書かれているブログ。実際の暮らしぶり等が分かりやすく書かれています。

転職の情報は少ないですが、北京での生活を知るのに役立ちます。

ふわふわ北京日記

実際に海外転職で中国に行かれた方のブログ。最初は上海、そこから北京に異動されています。

北京での暮らしが魅力的に紹介されています。

今日から使える!中国語学習処・日常会話から仕事まで

実際に使える中国語を紹介しているブログです。日本語で仕事をする場合でも、話せるに越したことはありません。

就職に役立つ情報も載っていますので、ぜひチェックしてみましょう。

以上がお勧めのブログです。
求人サイト等とはまた違った、北京での生活などもリアルにしることができるブログ。リアルな体験談を読む事で、転職のイメージを膨らませましょう。

他の掲示板サービスと何が違うの?

北京掲示板の特徴は、北京に滞在している日本人はもちろん、留学コミュニティ情報サイト「アブログ」留学メディア「THE RYUGAKU」との連携によって、これから北京に行く人にも「レッスン・習い事」の募集・広告を伝えることができます。

他の掲示板サービスは、利用している人たちも北京に到着するまで、その存在を知らなかったというケースが多いのではないでしょうか?そのため北京に滞在していて、更にその掲示板サービスの存在を知っている日本人だけが利用している状況になっています。

北京掲示板であれば、現在北京に滞在している日本人同士をつなげるだけでなく、更に「これから北京に行く人」と「これから北京を離れる人」もつなげることができます。北京掲示板なら、同じ「レッスン・習い事」の案内でも、届けられる層が広がります!

「レッスン・習い事」に新規投稿するには?

北京掲示板は、個人・法人問わず、どんな方でも「レッスン」に関する広告を無料で投稿できます。

ダンス、音楽、料理などのレッスンの生徒募集はもちろん、家庭教師、語学、パソコン、アートなど幅広いジャンルのレッスンの広告にご利用頂けます。北京に駐在しているご家族など、日本語による習い事を求めている人も大勢います。

北京に滞在して初めて、日本人としての自身のアイデンティティを確認する機会を持ち、着付けや生け花などの日本文化に興味を持つこともあります。北京での生活をスタートしたばかりに日本人にとっては、

日本語で習うことができるレッスンは交友関係を広げるための貴重な機会にもなります。日本人の生徒を募集したい人は、ぜひ北京掲示板にご投稿下さい。

北京掲示板は「これから北京に行く人」も利用しています。北京に滞在している日本人はもちろん、渡航前の日本人に対して、あなたのレッスンを伝えるお手伝いをさせて下さい。

レッスンとは「先生と生徒」という立場で技術や知識を教える関係であるものです。知識やノウハウを伝えるのではなく、対価をもらって代わりに作業を行うものはレッスンではなく「サービス」に該当致します。

北京の「レッスン・習い事」情報
北京掲示板では、北京の「レッスン」の広告・告知をサポートします。教室を用意したレッスンでなくても、出張レッスンや家庭教師、個人的に趣味として提供しているレッスンでも、どんなスタイルのレッスンでも広告を出すことができます。自由に生徒の募集の場としてご利用ください。北京であっても日本語による習い事は存在します。新しい技術が身につく、新しい知識が増える、新しい人間関係ができるなど、レッスンを受けることによって北京での生活がより豊かになります。レッスンを提供している先生がいて、そしてレッスンを求めている生徒もいます。けれど昨今の情報が溢れているインターネットの世界では、お互いに出会えることが非常に難しくなってきています。先生にとってレッスンを紹介する専用のウェブサイトを作ることも簡単ではありません。またウェブサイトを持っていてもインターネット上で、そのレッスン情報を求めている人に届けることもまた困難です。北京掲示板は、こうような状況を解決するために存在します。レッスンを広告したい先生と習い事をしたい生徒をつなげるためのサービスです。
「レッスン・習い事」を投稿(無料)
北京掲示板の項目一覧北京で役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
不動産・物件
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン・習い事
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
動画
SNSで新着記事を配信中です
北京掲示板の公式Facebookです
北京掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!