ロンドン西洋美術史講座ー2014年ナショナル・ギャラリー見学

Watch Watch
ロンドン西洋美術史講座ー2014年ナショナル・ギャラリー見学に関する画像です。
ロンドン西洋美術史講座ー2014年ナショナル・ギャラリー見学に関する画像です。
2014年度も、一年をかけてナショナル・ギャラリー見学を行っています。

夏休み前の上半期にルネッサンスから17世紀バロックを見学しました。夏休み明けから、18世紀以降を見学します。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーのコレクションは、13世紀後半(ゴシック後期)からルネッサンス、バロック時代を経て、19世紀後半の印象派まで、時代、場所共にくまなく網羅しており、西洋美術史を概観することができる大変秀逸な美術館です。

正規講座の内容(今期は「オランダの美術館特集」と「新約聖書」)に基づいた見学とは違い、この見学では、各時代を代表する最も典型的な絵画を鑑賞します。同時に、それは、ナショナル・ギャラリーの代表作を取り上げることになります。西洋美術史のイントロダクションとして、また、ナショナル・ギャラリーの
ハイライト・ツアーとしてご利用ください。

土曜日にも行います。どうぞご家族でご参加ください。

<18世紀: フランス・ロココ~新古典/ ロマン主義>
18世紀になって、それまでアート・シーンを牽引してきたイタリアが表舞台から消え、代わって、フランスが台頭してきます。
9月26日(金) 10:30ー12:00
  27日(土) 10:30-12:00

<イギリス絵画: ターナーとコンスタブル>
産業革命を経て、19世紀、イギリスは未曽有の大国となります。ここに登場するのが、風景画家ターナー。同時代を生きたコンスタブルとの比較や、当時のイギリスを反映する絵画を見学します。
10月10(金) 10:30ー12:00
   11(土) 10:30-12:00

<印象派>
ロンドンでは、コートールド・ギャラリーが印象派の殿堂として知られていますが、ナショナル・ギャラリーの印象派コレクションもまったくひけをとりません。モネやゴッホなどの有名な作品が所蔵されています。90分で、印象派とは何か、をご紹介します。
11月14日(金) 10:30ー12:00 
   15日(土) 10:30-12:00

どの回も、平日(金)とその翌日の土曜日、二回ずつ行います。内容は、どちらの曜日も同様です。ご都合のよろしい曜日をお選びください。

お気軽にお問合せください。お待ちしております。

講座料: £20(一コマ90分)
     11枚綴りの回数券を£200にてご用意しております。お申し付けください。

********************************

<ロンドン西洋美術史講座>
1998年、ロンドンの朝日カルチャーセンターで開講。2000年より日本クラブに場所を移して、現在、アクトン、フィンチリー、ニュー・モルデン、日本クラブの4か所で、「楽しく、わかりやすく」をモットーに、スライド講義と美術館・博物館見学を組み合わせた講座を開講中。2004年より、ミキトラベルのハンドリングにより、ロンドン発のアート・ツアーを年に2回開催中。これまでに、ルーブル美術館やフィレンツェ、ウィーンやマドリッド、南仏印象派ツアーなどを開催。今年の秋には、通算で3度目となるオランダ・ツアーを予定。2006年より、東京でも講座を開講中。Facebookは「ロンドン西洋美術史講座」でご検索ください。

連絡先: 笹山美栄(講師)
     lah.london@btinternet.com
      Tel: 07713-630-004
カテゴリー
絵画・アート
対応エリア
London

Google mapが自動で生成しています。そのため表示が正しくない場合もあります

投稿者
笹山美栄
メール
電話番号
+44-(0)7713-630004
記事ID:7745 募集を締め切る 編集・更新
全てのコメント
現在コメントは受付けていません。
ロンドン掲示板の項目一覧ロンドンで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
部屋あります
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
SNSで新着記事を配信中です
ロンドン掲示板の公式Facebookです
ロンドン掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!