募集は終了しました

映画上映会『天から見れば/LOOKING FROM SKY』

映画上映会 天から見れば

Watch Watch
Please join another movie screening "Looking from Sky" directed by Ms. Fumiko Irie.
LOOKING FROM SKY with English subtitle
DATE: 6/6 (Sat)
TIME: 2:00 pm - 3:30 pm
ADDRESS: 350 Fifth Avenue, Suite 7501, NY, 10118
SUGGESTED DONATION: $10/person, $7/students
R.S.V.P by 6/5
CONTACT: suga@katsunewyork.com

*We have to register your full name at the building therefore, please make a reservation by 6/5.

https://www.youtube.com/watch?v=s6zA6ckKDfw

 南正文さんは小学校三年生の春休みに製材業を営む父を手伝っている時、機械のベルトに巻き込まれて両腕を失ってしまいました。十四歳の時、近所の人のすすめもあり、両親と共に京都の大石順教尼を訪ねました。大石順教尼もまた、十七歳の時、養父に一家五人を斬殺するという「堀江六人斬り事件」の巻き添えとなり両腕を失っていました。十九歳の時、カナリヤが雛を育てるのを見て、口に筆をとることを思いつき、以後、独学で書画の勉強に励み、口で筆をとり絵画・書をえがいていたのです。
 順教尼は、南さんの両腕を失ってからの身の上話をすべて聞いた後、「分かった。私の弟子になりたかったら、三つだけ条件がある」と言いました。一つは、堺から京都まで一人で来なさい。そして、今までは足を使っていたかも知れないけれども、これからは口を使いなさい。そして、三つめは、絵を描きなさい。勉強しなさい。と。そこから順教尼の慈愛に満ちた修業が始まります。南さんは順教尼の生き方に接して人生に開眼、後ろ向きだった心が大きく転換していきました。
 現在、南さんは順教尼の教えを受けて、画家として活躍、妻や子どもたち、たくさんの友人に囲まれ、楽しく豊かに日々を送っています。そしてその姿がまた多くの人の希望となっています。大石順教尼の最後の弟子であり、教えを引き継ぐ南さんから「どんなできごとも自分の考え方しだいでよきことになる」大石順教尼の教え「禍福一如」(かふくいちにょ)の人生が溢れだしているのです。
カテゴリー
映画
開催日
2015年6月6日
時間
14時~15時半
参加費
10USドル(Suggested Donation)
開催場所
エンパイヤ―ステートビル 350 Fifth Avenue, Suite 7501, NY, 10118

Google mapが自動で生成しています。そのため表示が正しくない場合もあります

投稿者
Suga
ウェブサイト
https://www.youtube.com/watch?v=s6zA6ckKDfw
募集は終了しました
記事ID:16149 募集を再開する 編集・更新
全てのコメント
この記事は新規コメントの受付を終了しています。
ニューヨーク掲示板の項目一覧ニューヨークで役立つ情報がいっぱい!カテゴリ別に検索できます
売ります・買います
求人・アルバイト
部屋あります
仲間募集
イベント・セミナー
キャンペーン・クーポン
レッスン
ベビーシッター
サービス・ビジネス
質問・雑談
特集・コラム
旅行用ホテル
SNSで新着記事を配信中です
ニューヨーク掲示板の公式Facebookです
ニューヨーク掲示板の公式Twitterです
良い条件の広告はすぐに締切になっています。「いいね!」「フォロー」をして新着記事をいち早くチェックしましょう!